家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 トイレの床の掃除

掃除のはじめに

トイレの床も掃除していますか?便器や壁などは掃除をしている人も多いのですが、床の掃除はついつい忘れてしまう人も珍しくありません。きれいに見えても実は汚れている場所がトイレの床でもあるのです。そんなトイレの床掃除のポイントを説明します。

床の掃除について

トイレの床には尿の飛び散りやほこりなどの汚れが絡んでしまいやすく、アンモニアがシミのような汚れになってしまいます。実は男性の尿しぶきは1日に2000滴ともいわれるほどの量になり、肉眼では見えないだけでとても不衛生になりやすい場所でもあるのです。特にトイレの床が薄い色の場合は目立ちますし、濃い色の場合は汚れに気付きにくく、そこら中がシミだらけになってしまっている場合もあります。男性がいるご家庭では尿の飛び散りによる汚れが目立ちやすいので、特に意識して汚れをきれいに落とすことが大切です。

床の掃除で用意して欲しいもの

床の掃除で用意して欲しいアイテムについて紹介します。

1.フロアワイパー
2.ぞうきん(乾拭き&水拭き用の2枚)
3.クエン酸スプレー(水200mlに小さじ1杯のクエン酸)

トイレの床掃除はとてもシンプルです。

床の掃除方法は?

まずは、トイレの床にある小物をすべて外に出します。そのほうが掃除もスムーズに進みますし隅々まできれいになりますよ。

床に落ちているほこりをクイックルワイパーや、汚れがひどい場合は掃除機を使って取り除きます。ぞうきんで水拭きをして乾拭きで仕上げていきます。トイレの床にはサニタリーボックスやスリッパなどの小物もあると思いますので、細かい部分の汚れまでしっかりと取り除いておきましょう。電気のコードは感電の危険性もありますので、乾拭きをおすすめします。

床についてしまった黄色いシミはクエン酸スプレーを使って落としていきます。気になる部分に直接散布してその後水拭きし乾拭きで仕上げます。尿の汚れはそのままにしてしまうと、汚れがこびりついてしまい簡単には落とせなくなってしまいます。悪臭の原因にもなりますので、こまめに掃除をして汚れを取り除く習慣を身に付けましょう。

トイレの床掃除までなかなか時間が取れない場合は、あえてマットやスリッパを置かないのも一つの方法です。掃除もしやすくなり汚れにくく清潔に保てるようになりますよ。またサニタリーボックスは使用済みのものを長時間置きっぱなしにしてしまうと、雑菌の繁殖の原因となりますので、あえて置かずにその日のうちに処分するだけでも悪臭を防ぐことに繋がります。

また日頃のお掃除はトイレお掃除シートを使うのもおすすめです。凸凹した表面で汚れをしっかりと吸着させてくれるので、汚れを落としやすい工夫がしてあります。ぞうきんを使うと洗う手間もかかりますし、トイレお掃除シートなら使い終わったら捨てるだけなので余計な手間もかからずにできるのがいいですね。またトイレの床掃除を楽にするためには男性も座ってトイレをしてもらうと、汚れが全然異なり清潔さを保つことにも繋がります。

まとめ

トイレの床こそ清潔にして、掃除の行き届いたピカピカのトイレを印象付けましょう。