家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 トレイの便器の掃除

掃除のはじめに

トイレの便器といえば汚れが目立ちやすい場所の一つでもあります。排便の汚れやピンクカビや黒カビが繁殖してしまいますし、こまめに掃除をしているつもりでも裏側が汚れてしまい取れなくなってしまうこともあります。来客時に必ず使う場所ですしトイレの便器がピカピカだと気持ちがいいですよね。そんなトイレの便器掃除の方法をご紹介します。

便器の掃除について

尿や便が飛び散ってしまったり、尿石がついてしまうなどさまざまな汚れが付きやすい便器は、トイレの印象を決める重要なポイントです。なかには毎日掃除をしている人もいるかもしれません。でも隙間や溝をよく見てみると汚れがついていることも珍しくありません。これらの汚れをそのままにしてしまうと、便器の異臭に繋がることもあります。便器の掃除は毎日のデイリー的なものと、定期的に便器の隅々まできれいに磨いておきましょう。

便器の掃除で用意して欲しいもの

便器の掃除で用意して欲しいアイテムをご紹介します。

1.ぞうきん又はトイレのお掃除シート(使い捨て用)※汚れを落とすのにマイクロファイバー素材のぞうきんがおすすめです。
2.歯ブラシ又は歯間ブラシ
3.トイレ用洗剤(においが気になる時は消臭効果のあるもの)
4.研磨剤入りスポンジ
5.クエン酸水(水200mlと小さじ1杯のクエン酸を溶かしてスプレーに入れます)

便器の掃除方法は?

便器の掃除を簡素化させる為には、汚れてしまったらすぐに拭き取るようにして、汚れが固定されてしまうことがないようにしましょう。便器の中は一見汚れがないように見えるかもしれませんが、1日1回はブラシでこすってあげるようにしましょう。表面がつるつるになり、汚れを防ぐことにも繋がります。

便器の汚れが酷い時はまずはトイレ用洗剤を便器に吹きかけて起き、そのまま置きます。汚れが浮いてきますのでブラシで軽くこすれば汚れも落とせます。外側の汚れはぞうきんを使って水拭きをしてもいいですし、トイレ用洗剤シートを使って磨きます。便器はとても傷つきやすいので乾いたぞうきんで掃除をすると、便器が傷む原因になります。

また気になる便器の部分汚れで縁についているものは、研磨剤が入ったスポンジやクエン酸のスプレーを使うときれいに落とせます。温水洗浄便座のノズル部分も黒カビなどの汚れが付きやすい場所です。スポンジでこすっただけでは落とせないので、歯間ブラシを使って磨きます。取り外せるタイプのものは取り外してから汚れを取るときれいになります。便器と床の境目も尿の飛び散りで汚れやすい場所になりますので、トイレ用の洗剤を使って拭き掃除をするのはもちろんのこと、歯ブラシを使って便器まわりを磨くようにしましょう。

トイレの手洗いタンク部分はほこりが溜まりやすい部分になりますので、まずは乾拭きでほこりを落としてトイレ用洗剤を付けたぞうきんなどできれいに磨きます。蛇口部分は水拭きするかクエン酸水を使って磨くのがおすすめです。

配管部分は結露などでさびやすい部分になりますので、金ブラシや紙やすりを使ってさびを落とします。

また、トイレの便器掃除のポイントとして黒カビは繁殖してしまった場合は「弱アルカリ性の重曹」を使って掃除をすると、驚くほどきれいになり、便器の気になるアンモニア臭を予防することにも繋がります。消臭効果もあるので、トイレ掃除には重曹もおすすめです。タンク式のトイレの場合、蓋を取り外して重曹を入れて6時間ほど放置をします。月に1回定期的につけ置き洗いをするのがおすすめです。

まとめ

便器の掃除はこまめに掃除をする、汚れはすぐにきれいにする習慣をつけると汚れを防ぐことに繋がります。汚れを溜めないことが重要です。