家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 トイレの壁周りの掃除

掃除のはじめに

トイレの便器周りの掃除はしっかりとしていても、壁などの周りの掃除はできていますか?トイレの壁や床には綿ほこりが溜まりやすい場所になりますし、水や尿などの汚れが飛び散っていることがあります。そのままにしていると雑菌が繁殖する原因となってしまいます。そのため、トイレの雑菌を部屋中に広げない為にもきれいに掃除をしたいものです。

トイレの壁周りの掃除について

トイレの壁周りはよく見ると汚れがひどい場所の一つです。床にはほこりが溜まっていることもありますし、尿で黄ばんでいたり髪の毛が落ちているなど、さまざまな汚れがあります。特にトイレが洋式になってから男性がいるご家庭では汚れやすくなったと感じているのではないでしょうか。トイレは来客時に必ず使う場所でもあり、トイレ掃除ができていないとそれだけで不潔な印象に見られてしまいます。トイレ汚れはこびりついてしまうとなかなか落ちなくなってしまいますので、毎日の習慣でトイレをきれいにするように工夫しましょう。

トイレの壁周りの掃除で用意して欲しいもの

トイレの壁周りの掃除で必要なアイテムをご紹介します。

1.トイレ用洗剤
2.ぞうきん(トイレ専用にすること)
3.ハンディモップ
4.トイレ掃除シート
5.ゴム手袋
6.重曹、クエン酸、ミョウバン(水200mlに溶かして準備します)

トイレの壁周りの掃除方法は?

トイレの掃除をする時に、まずはマットやスリッパなどをすべて取り外してから行います。見た目にはわからないかもしれませんが、マットやスリッパは尿やほこりなどの汚れがついていて汚れていますので、軽くはたいたりブラシを使って落とします。汚れがひどい時は、洗剤に浸けこんで手洗いをして、天日干しなど雑菌が繁殖しないように工夫しましょう。もし毎日のお手入れが難しい場合は置かないほうが清潔に保てます。

乾いたぞうきんやハンディモップなど使って天井からほこりを取り除いていきましょう。収納棚や換気扇・窓の周りなど細かな部分が汚れていますので、上から下にかけてほこりを落としていきます。壁の腰から下になると尿や水などの汚れが飛び散る原因になりますので、水拭きもしくはトイレ用洗剤を使って汚れを落とします。

ドアは乾拭きでドアノブも一緒に掃除しましょう。トイレの壁に尿などの汚れでアンモニア臭が気になる時は重曹やクエン酸それぞれをスプレーに入れて、消臭効果のある重曹スプレーをぞうきんなどに吹きかけ磨きます。手垢などの汚れも落とせますのでペーパーホルダーなどの掃除にも最適です。次にクエン酸のスプレーで除菌をし汚れを防止します。

壁によっては重曹が合わない場合もありますので、素材を確認してからにしましょう。これでもトイレのにおいが気になる場合は、ミョウバンを溶かしたミョウバン水をスプレーに入れて使いましょう。

トイレの壁周りの汚れを防ぐにはできるだけ物を置かないようにして、お掃除の簡単な絵をかけたり一輪ざしなどを置くようにしましょう。

まとめ

トイレの壁周りや床も意外と汚れている場所です。ほこりの溜まったトイレにならないように、毎日のお掃除習慣を身に付けましょう。