家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

家事代行スタッフの仕事 家事代行スタッフの仕事内容を解説!

はじめに

最近話題の家事代行サービスはどんどん需要が高まっているため、多くの会社が常に家事代行スタッフを募集しています。「スタッフになるためには特別なスキルが必要?」「仕事内容は難しい?」など興味があるけど内容がわからないと思っている方が多いため、この記事では仕事内容や流れを詳しく解説していきます。

家事代行スタッフの仕事は日常的な家事

家事代行スタッフは、実際に依頼者の家に訪問して代わりに家事全般を引き受けます。主な仕事内容をまとめてみました。
  • ・キッチ、お風呂、トイレ等の水回りの掃除
  • ・部屋やリビングの掃除
  • ・整理、収納
  • ・洗濯、アイロン
  • ・庭掃除
  • ・料理、買い物、おかずの作り置き
  • ・ゴミ捨て

  • 仕事内容をみると一見ボリュームがあるように思われますが、家事や掃除といってもエアコンのフィルターや換気扇の中の掃除など専門的な部分はハウスクリーニングにお任せする内容になるので、特別なスキルがない方でも仕事を行うことができます。

    家事代行スタッフがよく依頼されるのは掃除機を使った部屋の清掃、水回りの掃除です。掃除道具は依頼者様宅の物を使用させて頂きます。「料理は苦手だけど掃除は好き」という方は掃除代行を、「掃除は苦手だけど料理は好き」という方は、料理代行を用意している会社で働くことで得意な分野でのお仕事が可能となります。

    家事代スタッフに向いている人

    「やってみたいけど向いているか不安」という方は、自分に適正があるかどうか以下を参考にしてみてください。
  • ・人のために何かをすることに喜びを感じる
  • ・家事能力を上達させたい
  • ・自分の予定に合わせた働き方を求めている
  • ・掃除や料理が大好き

  • 上記に当てはまるものがあれば、家事代行スタッフの適正がある可能性が高いです。家事代行スタッフは働く場所や時間の融通が利くため、自分のライフスタイルに合わせて働くことができます。また、人に喜んでもらうことが好きだったり、片付いていない部屋を綺麗に整理整頓することに達成感を感じる人、家事をもっと勉強したいと思っている方にとって、家事代行は楽しくやりがいを感じながら働けるお仕事です。

    家事代行スタッフになるためのスキルや資格について

    実際に家事代行業務スタッフとして働くにあたって、特別に必要な資格や決まりなどの制限は、ありません。しかし家事代行業務スタッフ会社に応募したり、実際に働くときには、以下のような資格があれば有利で、昇給にも関わってくると言われています。

  • ・整理収納アドバイザー(ハウスキーピング協会)
  • ・栄養士、管理栄養士
  • ・調理師

  • 仕事上だけでなく、毎日の自分や家族のための生活にも活かすことができるので、興味のある方は積極的に資格を取得されることをお勧めします。 もちろん家事代行スタッフになると、お客様のお宅に直接お伺いし、給料をもらってお仕事をするわけですから、プロとしての働きを持って依頼者の方々に満足・納得して頂かなければなりません。それにはプロフェッショナルな家事スキルが必要となってきます。長年にわたって主婦や主夫として、ご自宅の家事をこなされてきたという方であれば、何の問題なく即、仕事に取りかかる事が可能かと思います。しかし自分の家事テクニックやスキルに少しでも不安を感じている方は、丁寧な研修・トレーニング制度が整っている会社に登録することをお勧めします。

    気になる雇用形態は?

    家事代行スタッフはパートやアルバイトとして雇用されることが多く、お給料は時給制です。パートではなくフルタイムで働きたいという方は、正社員や契約社員を募集している会社もありますのでそちらに応募してみましょう。また、パートタイムで働く方は他のお仕事と掛け持ちができるため、いくつかの家事代行会社に登録しているという人が多いです。

    仕事の始め方

    家事代行スタッフになるまでに、まずは会社に応募して登録を済ませます。その後家事代行の研修を受け、お仕事を紹介してもらいます。その後約束の日時に直接依頼者の自宅に向かいお仕事スタートです。頼まれた家事を済ませたら、家事作業の終了報告を行うという流れです。

    家事代行会社への応募方法

    ネットで探して自分の条件とマッチした会社を見つけたら早速電話やWEBで応募してみましょう。面接に受かったら登録に進みます。家事代行の需要が高まっていることから比較的どこの会社も人手不足ですので、一般的な家事をこなせる方なら面接に通りやすくなっています。

    研修を受けよう

    登録が済んだら、家事代行スタッフとしての研修を受けます。依頼者の自宅に訪問する際の決まりごとや家事の進め方、掃除の豆知識などを勉強することができます。会社によっては人手不足によりこの研修を受けられずにそのまま依頼者の元へ訪問しなければならないところもあるようですので、面接時に研修をしてもらえるかの確認をしておくと安心です。特に家事代行スタッフとして初めて働く方は、研修やトレーニングを行ってくれる会社を選ぶと良いでしょう。

    お仕事を紹介してもらおう

    無事に研修を受け終えた後は、自分の働ける時間や場所の希望に合わせて現場を紹介してもらいます。家事代行は決められた日にち、曜日に定期的に通う定期利用と、必要な時だけご依頼されるスポット利用があります。

    自宅を訪問してお仕事スタート

    現場が決まれば、約束の時間に依頼者の家に向かいます。会社に向かう必要はなく、自宅から直接現場に向かって帰宅というパターンがほとんどです。遅刻は厳禁ですので早めに家を出ることを心がけましょう。自宅についたら依頼者に挨拶をしてから部屋に入ります。誰でも自宅は大切な物や見られたくないものがあるため、マナーを守って失礼のない行動をとることが大切です。最近では留守中に家事代行サービスを利用する人が増えているため、不在時のお仕事の時は依頼者から預かった鍵を使って部屋に入ります。

    仕事内容を把握して家事に取り掛かろう

    依頼者が家にいる場合、現場に着いたらその日の仕事内容を伺いましょう。気になる箇所や優先順位等を確認してから作業に取り掛かります。依頼者が留守でいない場合は依頼者による置き手紙などを元に作業を進めていきます。

    家事代行サービスは一日2時間もしくは3時間で利用される方が多いです。長い場合は5時間や6時間の現場もあります。掃除や料理をするときは基本的には依頼者の持ち物を使用するため、壊してしまうとトラブルになりかねません。掃除道具などの取り扱いには十分に注意を払いましょう。

    依頼者と会社に終了報告

    依頼された家事が全て終了したら、お掃除開始前に依頼者と打合せをした気になる箇所や優先順位等にそってお掃除の説明をおこないます。

    まとめ

    以上が家事代行スタッフの仕事内容についてのご紹介でした。家事代行スタッフは普段から家事をこなしている方にとっては天職とも言えます。片付けや掃除、料理などの日常的な家事ができる方なら、特別なスキルがなくても今すぐ働くことが可能です。いつもの家事を仕事にできるだけでなく依頼者に喜んでもらえるためとても魅力的なお仕事ですね。気になる方は早速スタッフ登録してお仕事を体験してみてはいかがでしょうか?