家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 風呂の排水口のお掃除

掃除のはじめに

風呂場の排水口は実は一番汚れやすい場所でもあります。排水口には皮脂汚れや石鹸カス、髪の毛などの汚れが溜まりやすいため、こまめに掃除をする必要があります。排水口が汚れているとカビなどのにおいの原因にもなりますし、せっかくラックスできる空間の風呂場が不快な場所になってしまいます。風呂場の排水口の汚れを落とす掃除方法について紹介します。

風呂の排水口掃除について

風呂の排水口には風呂で使ったお湯が流れることもあり、掃除をこまめにしていてもぬめりや黒っぽい汚れなどが増えてしまいます。これらの汚れはロドトルラと呼ばれる酵母でもありカビの一種になります。汚れをそのままにしてしまうとにおいの原因やパイプの奥で汚れが詰まり、取れなくなってしまうこともあります。パイプの中にカビが繁殖すると自宅のお掃除では取り除くことができなくなってしまうこともあり、早めに掃除をすることが大切です。

風呂の排水口掃除で用意して欲しいもの

風呂の排水口掃除で用意して欲しいアイテムについてご紹介します。

1.スポンジ
2.歯ブラシ又は排水口ブラシ
3.風呂用洗剤
4.漂白剤(カビキラーなどの塩素系漂白剤がおすすめです)
5.ゴム手袋

風呂の排水口掃除方法は?

風呂の排水口の掃除をする時は、まずはできるだけ部品を外すようにしましょう。排水口の作りによってはごみ受けとトラップの他にも外せる部分があります。トラップがない場合は封水筒があります。また排水口に溜まっている髪などのごみは掃除をする前にすべて取り除いておきましょう。ごみ袋を裏返して手にはめてごみを取ったら反対にくるりんと裏返し縛って捨てます。手が汚れずに取り除ける方法です。

外したごみ受けやトラップなどはブラシやスポンジを使って洗います。雑菌の繁殖も多くぬめりが気になる場所ですが、湿り気があるからこそこすれば簡単に落とせます。排水口やエプロンの奥などは歯ブラシなどを使って届く範囲で磨きます。最後にパーツをセットしてあつめのお湯をかけて完了です。汚れがひどい場合は、漂白剤をスプレーしてしばらく置いてからこすり洗いをするときれいになります。

日々のお手入れ方法としてスクイージーを使って浴室全体の水気を排水口に流して、そこに溜まったごみを取り除きます。毎日の習慣にしてしまえばごみの量も少ないのでお掃除が簡単です。排水口の湿気を防ぐ為に、次の入浴までに蓋を開けておくといいでしょう。

また、泡タイプの漂白剤を使ってすべて取り外したパーツにふりかけ、そのまま20分ほど時間を置きシャワーで流すだけでも汚れが落とせる場合もあります。磨かなくても落とせる程度の汚れで漂白剤の習慣をつけておけば、きれいに保つことができます。

まとめ

風呂場の排水口に髪の毛を集めるグッズなども販売されていますが、ごみ受けはそのままにしておいたほうが一番ごみが流れやすく汚れを防ぐことができます。汚れを防止したいのであれば、中に丸めたアルミホイルを入れておくと、金属イオンの力で菌の繁殖を防ぐことができます。水のぬめりなどの汚れを防止することに繋がりますので試してみてくださいね。