「家事が苦手な方、家事をする時間がない方」私たちがサポートさせて頂きます!

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 風呂場の壁や天井の掃除

掃除のはじめに

よく見てみるとうっすらとピンクのカビ汚れがついてしまっていたり、浴室の棚の下に黒カビが繁殖してしまうことがあります。また天井は届かない場所なので、ついお掃除を怠ってしまう場所でもあります。壁と天井のつなぎ目の角など、カビが繁殖して汚れてしまっていることも珍しくありません。風呂の壁や天井の掃除のポイントを紹介します。

風呂壁・天井掃除について

風呂壁や天井の汚れで一番気になるものといえばピンクや茶色・黒のカビですよね。他にも白っぽくなった水垢や、ぬめりなど汚れの気になるポイントを上げたらきりがありません。お風呂上りにシャワーをかけているだけではこの汚れを防ぐことはできません。風呂壁も胸より下の高さに皮脂汚れや石鹸カスなどの汚れがつきやすい場所になりますので、こまめに掃除をすることが大切です。

風呂壁・天井掃除で用意して欲しいもの

風呂壁・天井掃除で用意して欲しいアイテムをご紹介します。

1.スポンジ(天井や壁の素材と相性のいいもの)
2.ぞうきん
3.歯ブラシ又は目地ブラシ
4.ラップ
5.スクイージー(ない場合はバスタオルでも可能)
6.風呂用洗剤又はカビ取り剤

風呂壁・天井掃除方法は?

風呂場や天井を掃除する時は、まずはシャンプーやボディソープなどの風呂場においてあるものを脱衣所に出すことで、角の汚れなど隅々まで汚れを落とすことができます。まずは手順として天井から掃除をします。

フロアワイパーにカビ取り剤をつけて天井や換気扇・照明などの汚れを落とします。この時にぞうきんでもいいのですが、洗う手間を短縮したいのであれば、キッチンペーパーを2~3枚重ね付けしてそこにカビ取り剤をつけて磨くのもおすすめです。カビ取り剤で拭く→濡れ拭き→最後にスポンジで乾拭きをするときれいに仕上がります。

次に壁の掃除ですが胸から下の部分に風呂用洗剤をスプレーして、スポンジで優しく磨き流します。隙間やつなぎ目などは歯ブラシや目地ブラシを使って細かいところまで磨きます。あまりに力を入れてしまうと傷つける原因になりますので注意してください。カビが繁殖してしまっている時はカビ取り剤を上からかけてその上にラップをし、30分ほどで流します。

天井や壁の角にある、こすってもなかなか落ちない汚れにはクリームクレンザーを使うときれいに落とせます。液状のものは頻繁に見かけますがペースト状の方が垂れてしまう心配もなく汚れをしっかりと吸収してくれるのできれいになります。5分ほど時間を置いたあと、驚くほどきれいになります。また石鹸カスの白っぽい汚れにはクエン酸と重曹を混ぜて落とすのもおすすめです。ただし重曹は大理石や木製の素材には使わないようにしてください。

まとめ

湿気が多いのでカビが発生しやすい場所です。カビはできるだけ早く除去してあげること、水気を残さないようにスクイージーもしくはバスタオルで水気を取るようにしましょう。