家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 風呂の浴槽・ドアの掃除

掃除のはじめに

浴槽や入口のドアはピンクカビや黒カビなどが発生しやすい場所です。これらの汚れの多くが、残ってしまった石鹸かすや皮脂などの汚れの場合が多いといいます。白くなってしまったり、ピンク色のカビが付着してしまい、どうしようもなくなった浴槽汚れも2段階掃除の技術を使えば、すっきり爽快にきれいな浴室を保つことができます。

浴槽・風呂ドアの掃除について

浴槽やドアの汚れは「あれ、汚れが気になるかも?」と気付いた時にはもう遅く、一気にカビが繁殖してしまいやすい場所でもあります。浴室は湿気が多く水気も多いのでカビの繁殖の原因となりやすく、急激に増えてしまうことも珍しくありません。毎日使っているシャンプーやボディソープなどの流し残りがあるだけでも汚れの原因となりますので、週1回のお手入れだけでなく毎日のちょっとした掃除習慣を行うことで、汚れの原因を作らせないように工夫することが大切です。

浴槽や風呂ドアのお掃除で用意して欲しいもの

浴槽やドアのお掃除を始める前に、用意して欲しい便利なアイテムがあります。

1. スポンジ(浴槽の材質によって選びます。傷つきやすい浴槽は柔らかいものを)
2.スクイージー(ない場合はいらいないタオルでも代用OK)
3.クエン酸水(水200mlにクエン酸小さじ1杯を入れたもの)
4.お風呂用洗剤
5.歯ブラシなどの隙間を掃除できるもの

お風呂の場合はさまざまな汚れが重なり合っている場合があるので、カビ取り剤なども必要に応じて準備しておきましょう。ゴム手袋も忘れずに!

浴槽や風呂ドアの掃除方法をご紹介

それぞれのお掃除方法を紹介します。

1.浴槽のお掃除
お風呂用洗剤とスポンジを使って洗います。排水溝の周りや、吸水口・栓やチェーンなどもしっかりと洗います。細かな部分は歯ブラシを使って磨くと、きれいに落ちますよ。ピンクカビや、黒カビが発生している場合は、カビ取り剤を付け少し時間をおいてから流します。また汚れがひどい時には食器洗い洗剤を使って洗うと、皮脂汚れなどの脂汚れがさっぱり落ちますので試してみてくださいね。

2.風呂ドアのお掃除
水滴やせっけんかすが飛びやすい場所ですので、お風呂用洗剤やスポンジを使って落としていきます。ドアノブやドアレールなどの細かな場所は歯ブラシが便利です。しつこい石鹸かすの汚れは、クエン酸水を使うときれいになります。(※カビ取り剤との併用禁止)また、ドアの端っこなどにピンクカビや黒カビが繁殖してしまうこともあります。これらはカビ取り剤でないと落とせません。あまりにも汚れがひどい場合は全体を洗ったあとカビ取り剤で時間を置いて流すなど、分けて洗うのをおすすめします。

また、毎日のちょっとした習慣でも浴槽やドアの汚れを防ぐことができます。お風呂から出るときに、浴槽の水を流したらさっとスポンジでこする、浴室やドアは洗っているときの石鹸が付きやすい場所なので、上がる時に周囲を軽く流す習慣をつけるだけでも、汚れにくくきれいな浴室を保つことができます。浴室のガラスは濡れたままにするとカルキで曇りやすくなってしまいますので、スクイージーもしくはタオルを使って、水をふき取るようにすると、きれいさを保つことができます。ガラスもそのままにしていると取れなくなってしまいます。

まとめ

浴室やドアは湿気が溜まりやすく、とても汚れやすい場所です。お風呂から出るときのひと手間できれいな状態を保てるようになりますので、石鹸かすや皮脂汚れが残ってしまわないように、意識的にきれいに流してあげましょう。お風呂がきれいだとそれだけで気持ちいいものですし日本人にとっては毎日のお風呂は1日の疲れをとる大切な習慣です。