家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 浴室や風呂ドアの掃除

掃除のはじめに

浴室の汚れはほとんどが皮脂の汚れ!
浴室の汚れは主に皮脂の汚れのため、それほど強力な汚れではありません。風呂のドアと壁には皮脂汚れや石鹸カスがついてます。
風呂は、汚れをため込むとすぐにヌルヌルしたり、カビが発生してしまいます。
できれば、使うたびごとに水気を完全に取り除く「水切りと拭き上げ」、鏡などは「仕上げ磨き」をしたほうがいいといえます。

掃除に必要な道具

1日の疲れを取ってくれるお風呂掃除に必要な道具とは?
スポンジ:軽い汚れを落とします。材質にあった素材選びも大事
スクイージー:水気を切って掃除の仕上げに使用
クエン酸:石鹸カスやカルキをとるために必要
お風呂用洗剤:皮脂汚れや石鹸カスを落します
カビキラー:カビを除去します
歯ブラシやブラシ:ドアのレールや給水口の周りなどの細かい部分の掃除に使用

掃除の手順

STEP1 カビ取り洗剤をシュッとかける
排水口に溜まっている髪の毛をティッシュなどでくるんで取り除きます。髪の毛をそのままにしておくとことは汚れの原因になります。
排水口や洗い場の隅など、ぬめりやカビが発生している箇所に塩素系のカビ取り洗剤を吹きかけ、時間を置いて洗い流します。

STEP2 スポンジで浴室は軽く掃除、給水口の汚れもチェック
浴室はスポンジとお風呂洗剤で洗います。
お風呂の中で一番カビが発生しやすいお風呂のふたに、ピンク色のヌルヌルを発見したら、塩素系のカビ取り洗剤を吹きかけブラシでこすります。
排水口や給水口の周りは、歯ブラシなどを使って洗います。

STEP3 歯ブラシを使って、ドアやドアレールをキレイに
水滴や石鹸カスが付着しやすいドアは、スポンジとお風呂用洗剤で洗います。
ほこりがたまりやすいドアノブやドアレールなどの細かい場所は歯ブラシが効果的です。
クエン酸は、石鹸カスや洗ってもザラザラしている箇所に使用します。

掃除のコツやアドバイス

浴室はお湯を抜くときにこすって洗い流す
お湯を抜くときにスポンジでこすりながらシャワーで流せば、しっかりとお風呂掃除をするのは週に1度でも大丈夫です。
鏡などはスクイージーで毎回水気を気れば、カルキで白くなるのも防げます。
浴室はさっとで良いので毎日欠かさず掃除を習慣にすることが大事。

風呂は様々な汚れが混ざり合う場所!
風呂用洗剤で皮脂の汚れなどを落とし、ザラザラが取れていなければ、クエン酸水でカルキや石鹸カスを取り除きます。