家事代行サービスを東京でお探しなら1時間2150円のカジスルー

電話03-6427-8334お問い合わせ時間平日9:00-18:00
受付時間:平日9:00 - 18:00
お問い合わせ

お掃除辞書 洗面台や床の掃除

掃除のはじめに

洗面所の掃除が実は苦手…。そんな人も多いのではないでしょうか。化粧品や歯ブラシ・ハンドソープや手洗い石鹸などさまざまなものを置いている場所になりますし、いちいちどかしてきれいにしても、すぐに汚れが目立ってしまうことも少なくありません。ほこりも溜まりやすく、洗面台には皮脂汚れなどもありお手上げ…。そんなあなたに洗面台の掃除&床のおすすめの方法をご紹介します。

床・洗面台の掃除について

洗面台の床を見ると毎日掃除をしていてもとにかく汚れます。ほこりや髪の毛などの汚れはもちろん水で濡れたままにしてカビが生えてしまったり、洗面台の下に置いてあるマットにも汚れがたっぷり。洗面台は皮脂汚れや石鹸カスなどの汚れや蛇口周りのカルキなどもあり、さまざまな汚れが複合している場所でもあります。この汚れやすい場所を少しでもきれいに保ちたいのであれば、できるだけものを置かないことがポイントです。収納スペースを作りできるだけ使い終わったら中にしまう習慣を身に付けましょう。

床・洗面台の掃除で用意して欲しいもの

床・洗面台の掃除で用意して欲しいアイテムをご紹介します。

1.スポンジ
2.ぞうきん(水拭き・乾拭き用で2枚。マイクロファイバーなどもおすすめ)
3.歯ブラシ
4人.掃除機
5.風呂用洗剤
6.クエン酸水(水200mlに小さじ1杯のクエン酸)

床・洗面台の掃除方法は?

まずは洗面所のほこりや髪の毛から取り除いていきましょう。フロアワイパーを使ってもいいですし、掃除の邪魔になりそうな汚れをしっかりと落としていきます。汚れがしっかりと落ちたら水拭きして汚れのある場所を探しながらきれいにしていきます。

カビなどの汚れが酷い場所は風呂用洗剤を使ってスポンジでこすります。スポンジは樹脂製のメラニンスポンジをおすすめします。水をつけるだけでも簡単に汚れをおとせること、洗剤を使わないので小さなお子様がいるご家庭でも安心です。ただしフローリングの場合は、ワックスの剥がれてしまう原因となりますので、ぞうきんの水拭きを何度か繰り返すようにしましょう。頑固なカビは、重曹水(水200mlに小さじ1杯の重曹)を使うとカビもきれいになりますよ。

洗面台の汚れはまずは全体を水拭きしてから乾拭きの手順で進めていきます。ボトルの裏面などに汚れが付いている場合もありますので、物をどかしながらきれいに磨いていきます。洗面台に白いうろこのようなカルキ汚れがある場合は、クエン酸を吹きかけておきそのままにしておくと汚れが落としやすくなります。きれいになったら最後にラベルの向きを前にそろえてあげると、洗面台全体に統一感が出てよりきれいに見えますよ。

洗面台をきれいに保つコツとして汚れがついたらすぐに取り除くようにすることです。こすらなくてもきれいに落とせるようになりますし、マイクロファイバーのぞうきんを常備しておくと気になる水滴や汚れもすぐに落とせて便利です。水滴はできるだけそのままにせず汚れを落とすようにするとカビやカルキなどの防止にも繋がります。

まとめ

洗面台はお風呂場に隣接していることもあり、湿気が溜まりやすいのでこまめにきれいにして掃除してあげましょう。