どうすればいい?ユニットバスの掃除


 

きれいで清潔なトイレ・お風呂場は使っていても気持ちいいですよね。

きれいに掃除されたお風呂に入れば疲れもいやされるでしょう。

 

風水的にも水回りを清潔にしておくことは良いとされているように、トイレ・風呂場のお掃除は、毎日ピカピカにしておきたいところです。

 

実はカンタン! ユニットバスの掃除

ユニットバスって、お風呂とトイレが一緒になってて、どうやって掃除したらよいのかわからないとか、大変そう、と思う人もいるのではないでしょうか。

 

掃除中にトイレットペーパーやタオルなどに水がかかったり、かと言って全部除けて掃除するのは面倒くさいですね。

掃除のあと床が濡れてしまって足が濡れるのも気持ちが悪くイヤですよね。

 

でも、ユニッバスの掃除って、やってみると実はとっても楽なんです。

 

同じ空間にあるのでお風呂掃除とトイレ掃除が同時にできてしまうということもありますが、シャワーを使って全体を洗い流してしまい、あとは乾くのを待つだけという、とても便利で簡単な掃除の方法があるのです。

 

ユニットバスの掃除

まずはトイレ掃除は便器内から掃除します。トイレが別になっている場合と同様にお掃除します。トイレ用洗剤を使って、便器内の汚れをブラシで落としていきます。

 

次に便座や便器周りのお掃除ですが、拭き取り掃除をするのではなく、ユニットバスならではのシャワーを使って洗ってしまうのです。

 

便器は水浸しになっても問題ないですよね。

トイレ周りの床や壁も同時にシャワーで流してしまいます。この方法なら、雑巾でふき取り掃除をするよりも簡単に終わってしまうと思いませんか? 

 

汚れがこびりついてしまう前に水で流してしまうだけなので、トイレをいつも清潔に保つことができますよね。

 

浴槽や壁は、お風呂に入るときやシャワーを浴びるときにちゃっちゃっと洗ってしまうことで、カビの発生や水垢の汚れがたまるののを防ぐことができます。

 

また、入浴後に、使ったバスタオルで壁についた水分をふき取ってしまえば、水垢の汚れを防ぐことができます。

 

また、湿気がたまりやすいので、できれば換気扇を使用し、お風呂上りやシャワー後に水をかけることも湿気をためない方法でしょう。

 

ユニットバスの掃除をラクにする便利グッズ

シャワーを使ってカンタンに掃除できるユニットバスですが、シャンプーボトルや石鹸が置いてあって掃除の邪魔になったり、トイレットペーパーや化粧品、コットンなど濡らしたくないものも置いてあり、全部除けてから掃除するのは面倒です。

 

水洗いの後に濡れたままトイレを利用するのも気持ちが悪いと思います。そんなとき、ユニットバスの掃除が楽になる便利なグッズがあります。

 

床や浴槽のふちにシャンプーボトルや石鹸入れ、小物が置いてあると乾きにくくカビが生えやすくなります。ですので、吊るせるものは吊るしてしまいましょう。

 

壁掛けできるものや吸盤で壁につけるタイプのものなどが売られていますので、細々したものは高い所から吊るしてしまいます。

 

濡らしたくないものは蓋つきのガラスの瓶の中に収納します。

水がかかっても蓋がついているので安心ですね。

高いところに棚をつけて収納すれば掃除の邪魔にならないでしょう。

 

次にサンダルです。百円ショップなどで購入できます。

バスルームの掃除の後にトイレを使いたい場合、足元が濡れて気持ち悪い思いをする心配がありません。

バスルーム内に置いておくとよいですね。

 

まとめ

初めてユニットバスのある部屋に引っ越してきたとき、ユニットバスなんて・・・と思いましたが、実は掃除がしやすくて便利だってことが分かりました。

 

毎日お風呂に入るときに少し手間をかけるだけで、ユニットバスを清潔に保つことができるんです。

 

いつも気持ちよく使えるように毎日お手入れしたいですね!

関連記事