家事代行サービスとハウスキーパー、あなたはどちらを選びますか?


 

家事代行サービスとハウスキーパー、どちらも、共働き夫婦にとっては、頼りになる味方ですよね?その点に関しては両者共通なのですが、実は、ハウスキーパーと家事代行サービスは、厳密には、異なるのです!

 

この二つの相違点をきちんと把握しておけば、あなたのお宅では、どちらを選択すべきなのかが見極められるのです。

 

そこで本記事では、家事代行サービスとハウスキーパーの相違点についてご説明していきます。みなさんが選択する際の一助となれば幸いです!

 

ハウスキーパーの定義とは?

あなたは、ハウスキーパーの定義はご存知でしょうか?

 

ハウスキーパーとは、家事全般を仕事にしている人です。端的にいうと、家政婦さんと同意語です。
現代は、家事全般の業務を行うお手伝いさんのことを、ハウスキーパーと名付けています。
ハウスキーパーは、元来、女性の使用人としては、トップに属する女性使用人を意味していました。

 

海外で話題のドラマ、ダウントンアビーの登場人物にも、ハウスキーパーがいます。
彼女の役割は、家の全ての使用人の上司のような存在でした。

 

その時分は、ハウスキーパーを雇用するほど裕福な家庭は、ごく限られていたそうです。ハウスキーパーがいない場合は、その家の女主人が使用人に直々に、仕事の指示と監督を行なっていたようです。

 

従って、ハウスキーパーは女主人の次に高い地位にいたというわけです。

 

家事代行サービスとハウスキーパーの相違点とは?

ハウスキーパーというのは、現在は家政婦と同意語だということが判ったところで、いよいよ家事代行サービスとハウスキーパーの相違点を比較してみましょう!

 

両者には、大きく分けると相違点が3つあるのです。それは、契約方法、料金形態、業務内容です。では、一つずつ解説していきますね。

 

契約対象が異なる!

家事代行サービスとハウスキーパーの一番の違いは何かいうと、契約対象です。ハウスキーパーの場合は、ほとんどの場合、依頼主とハウスキーパーとの間で直接契約が結ばれます。

 

一方、家事代行サービスの場合、契約は、依頼主と家事代行会社の間で締結されます。
家事代行サービスのサービス提供者は、家事代行サービス会社と業務契約をしており、会社からの依頼に基づいて、契約者の家で家事のサービスを行うシステムになっています。

 

• ハウスキーパー⇒依頼主と直接契約
• 家事代行サービス⇒家事代行サービス会社と依頼主が契約

 

契約対象の違いが、ハウスキーパーと家事代行サービスで一番異なる点なのです。

 

支払い形態が異なる!

家事代行サービスとハウスキーパーで、次に異なる点は、支払い形態です。

ハウスキーパーに支払う料金は、依頼主と労働者間の契約なので、給料ということになります。
大抵は、時給ではなく、日給という形で支払われます。

 

これ以外にも、ハウスキーパーの場合は待遇が必要になってくることもあります。

 

たとえば、ハウスキーパーを住込み契約とするなら、
日給以外にも、ハウスキーパーに貸与する部屋、食事支給(朝昼夜)と入浴等の基本的な生活コストがかかる場合もあります。

食事支給をしないケースでも、食事代と入浴料金を実費で支給するケースもあるでしょう。

通いのケースなら、契約次第では、往復交通費を実費で支給します。

 

一方で、家事代行サービスのケースでは、給料はたいてい時給制となります。
そして依頼主が家事代行サービス会社にサービス料金として支払う形になります。

 

この支払い料金には、家事代行会社への手数料、家事を提供するスタッフの給料および交通費等が含まれています。

家事代行サービスの労働提供者は、家事代行会社から給料が支払われます。

 

業務内容の相違点

ハウスキーパーは、依頼主の家の家事全般を、基本的に全部請負います。
クッキング、クリーニング、ランドリー、介護サポート、子供の世話、ペットの世話など、業務内容は多岐にわたります。

 

業務内容は、依頼主とハウスキーパー本人の契約になりますので、それぞれの契約によって異なってきます。メインの業務が何になるかも、契約毎に変わります。

 

さまざまな家事を頼みやすいのは、ハウスキーパーだと感じる人もいるようですね。

 

一方で、家事代行サービスの場合は、「掃除や洗濯のみ」「料理の作り置きのみ」など、業務内容が単独になるケースが多数派です。

 

家事代行サービスで労働している人は、自分の専門とする分野で業務をしている場合が多いので、質の高い仕事を提供することが出来るのです。

 

家事代行サービスに依頼をするご家庭も、家事全般を任せるというよりは、特定の家事をサポートしてもらおうという考えで依頼を出す人が多いようです。

 

例を挙げますと:
• 料理は好きだから自分でしたいが、掃除は出来ればやってもらいたい、という人は「お掃除代行」を依頼する。

• 掃除はこだわりがあるので自分でしたいが、料理は苦手なので、誰かに任せたい、という人は「お料理代行」を依頼する。

 

など、サポートが必要な分野を、手伝ってもらうのに家事代行サービスを依頼するというパターンが多いようですね。

 

家事代行サービスで指名は可能?

 

ハウスキーパーは依頼主が直接雇用しますので、同じ人がサービスを提供します。

一人の人間が、料理、掃除、子供の世話と、家事をすべて執り行います。

 

一方、家事代行サービスの場合。
依頼主と家事代行会社との契約になりますので、派遣されるスタッフが毎回異なるかもしれません。

 

家事代行会社によっても違いはありますが、家事代行サービスの場合は、個人契約を結ぶのは難しいことが多いです。
そのため、毎回別の人が家に入ることを好まない人もいらっしゃるでしょう。

 

こんなとき、個人契約は無理でも、出来るだけ同じスタッフを派遣してもらえる手段があります。
それは、スタッフの指名です。

 

このスタッフの指名については、要望に応えてくれる会社と、応えてくれない会社があります。
また、その際に指名料を請求する会社もあります。

 

家事代行会社カジスルーは、定期利用の場合、スタッフは専任制となり、指名料については一切かかりません。またスタッフとの相性も大事ですので、もし相性の悪いスタッフに当たった場合は別のスタッフを派遣してくれます。

 

家事代行サービス会社を選ぶメリットとは?

 

家事を依頼する際、ハウスキーパーではなく、家事代行サービス会社を選ぶことには、どんなメリットがあるでしょうか?

 

ハウスキーパーと家事代行サービス会社では、家事を提供してくれるという点では大した違いはありませんよね?

 

でも、家事代行サービス会社を通じたサービスには、実は大きなメリットがあるのです。

 

直接契約のハウスキーパーの場合、契約後に合わないと感じても、すぐにハウスキーパーを交替させるという事は難しいです。
また、家の物が破損したとしても、直接契約のハウスキーパーでは、破損に対する補償はありません。

 

万が一ハウスキーパーがなんらかの理由で家事ができなくなった場合、代理の人が代わりに家事をやってくれるという事もありません。

 

一方、家事代行サービス会社の場合は、どうなるでしょうか?
もし、派遣スタッフが合わないと感じたら、次回には別のスタッフを派遣してもらうことが可能です。

 

逆にスタッフが気に入ったら、指名システムを使って、定期的に派遣してもらう事ができます。

 

担当スタッフが事情で家事が出来なくなった場合はどうなるでしょうか?
代わりのスタッフを派遣して、依頼時間のサービスに間に合うように手配いたします。

 

サービスの品質についても同じことが言えるのではないでしょうか?

 

家事代行会社カジスルーでは、3カ月、6カ月、12カ月の定期的なフォローアップ研修をおこなっているため、常にスタッフのサービスの品質を高く維持しております。

 

こうしたサービスは、直接契約のハウスキーパーでは、なかなか補えないものではないでしょうか。これらのポイントを踏まえれば、家事代行サービス会社の方が、より安心できると感じる人も多いでしょう。

 

まとめ

家事代行サービスとハウスキーパーの違いについてご説明してきましたが、
お役にたてましたでしょうか。

 

あなたのご家庭にとって、より便利なサービスはどちらでしょうか?

 

夫婦共働きで、なおかつお子さんのいるご家庭にとって、家事代行サービスもハウスキーパーも、力強いサポートになりますが、求めるメリットは、各々のご家庭によって、異なります。

 

ぜひ本記事の情報をご参考になさって、あなたにピッタリなサービスをお選び下さい。

関連記事
人気記事