共働き夫婦の家事の悩みについて


 

この間、こんな記事を読みました。

 

専業主婦をしている妻にだんなさんが「ありがとう」と言ってくれたそうです。何のありがとうなのかと不思議に思い尋ねると、「家のことを全部やってくれるから安心して仕事ができる。だから感謝している」と言われたそうです。

 

しかし共働きのご家庭では家事の分担が一番問題になります。

 

二人で働いているのですから専業主婦のように家事ができないのは当然ですし、分担せざるを得ません。

 

平日は妻が、週末は家族で分担している家庭や日ごろから役割を決めて分担している家庭も多いかと思います。

 

でも、もしかしたら家事は女性がするものと決めてしまい、ほとんどの家事が妻に偏っている家庭も多いのではないでしょうか。

 

仕事から帰宅し、さらに家事をこなさなければならない妻は過労死寸前の状態です。そんな事実を夫であるみなさんは気が付いているのでしょうか。

 

家事の分担と対応策

共働き夫婦が抱える、家事の分担の悩みと対応策を考えていきたいと思います。

 

まず「家事」にはどういったものがあるのでしょうか。簡単に言えば「料理」「掃除」「洗濯」ですね。でもこれらの仕事の中身は一つ一つ細かく分かれています。

 

料理

料理の場合、朝・昼・夜の三食に加えて、会社へ行く夫や学校へ行く子供たちのお弁当作りがあります。

 

毎日の献立を考える必要があります。栄養が偏らないようにバランスも考えなければなりません。

 

献立をもとに買い物や足りないものを調達し、買った食材を腐らせないように管理するのも家事に含まれます。

 

お仕事をされている場合、買い物が自由にいけない場合もあります。

 

洗濯

洗濯は、家族の人数分の洗濯物が毎日出ます。いくら全自動で洗濯するとは言え、洗濯ものを種類別に仕分けする必要がありますし、汚れがひどい場合は先に手洗いして汚れを落とさなければなりません。

 

乾燥機に入れられないものは干し、乾いたらたたみます。アイロンがけが必要なものはアイロンをかけます。

 

 

掃除

掃除は終わりがありません。毎日生活をする場は必ず汚れますし埃もたまりますので、日々掃除する必要があります。

 

玄関、台所、ダイニングやリビングルーム、お風呂場やトイレに加えて家族分の寝室があります。家族が多ければ多いほど掃除する範囲が広くなり、頻繁にしなければならなくなります。

 

とりわけ台所は、食べ物を扱うため清潔に保つ必要があります。

 

冷蔵庫の中、シンク周り、コンロ周りや換気扇の油汚れ、使用した食器や調理器具を洗って片付けたり、食べこぼしで汚れた床掃除や毎日出る生ごみやリサイクルの仕分けや排水溝の掃除もあります。

 

上記の家事以外にも、家事に含まれるものとして

 

トイレットペーパーなどの備品の買い出し、学校や保育園などへの送迎や行事への参加、クリーニングの手配、光熱水費などの支払い、家族の健康管理、ご近所や親類とのお付き合い、お中元・お歳暮の手配やお礼などなど、修繕修理の手配など家事と言われている仕事はまだたくさんあります。

小さなお子さんがいれば育児も加わります。

 

妻が仕事を終えてから、これらの家事をこなしているのです。会社での勤務を終えたあと、自宅で「夕方勤務」をしている状態ではないでしょうか。
たとえ夫よりも早く家に帰るからといっても、家事が妻に偏っていることはないでしょうか。

 

妻の立場から家事を考える

さて、家事全般と育児をこなしている共働きの妻のみなさまは「頼んでも夫は何もしてくれない」、「家のことになると頼りにできない」と思っている方が多いのではないでしょうか。

 

もしかしたら、頼りにならない夫にイライラして、結局自分から家事をしてしまい不満を持っている方もいるのではないでしょうか。

 

そうですね。誰も手伝ってくれなければ自分がしなければなりません。自分だって仕事をしているのに、何もしてくれない、できない夫に不満を募らせていませんか。

 

そこで、視点を変えてみてはどうでしょうか。家事は、誰かのためではなく自分のために行っているということ。そしてたまたま家族のためにもなっていると考えてみるのです。

 

汚い台所や汚れた食器を見るとゲンナリします。散らかった部屋は居心地が悪く、ゆっくりと体を休める気にもなりません。目をそむけたくなりますよね。部屋が汚い理由や言い訳を考えて人のせいにしているせいで、他人に対して後ろめたさを感じることがあるかもしれません。

 

そんな人は表情も暗くなり周りからも好かれることがありません。家の中が散らかってたり汚れていると、気持ちも荒んでしまい顔に出てしまうのです。

 

反対に家で居心地よく過ごすことができる人は、気持ちも充実しキラキラと輝いていることでしょう。周りからもきっと魅力的な人に見えると思います。綺麗にした分充実感も生まれます。つまり、家の中をきれいにすることは、自分の品位をあげ魅力的な人になれることなのです。

 

自分で家事をすることで掃除をしたら掃除をした分が目に見えて分かります。実感でき達成感があることが家事をするメリットなのではないでしょうか。

 

達成感があれば自分に自信がでてきますし、心にも余裕が出てきます。心に余裕があれば周りの人に感謝をすることができます。感謝の気持ちを伝えられる人は品位があるといえますね。

 

完璧でなくていい

自分のために掃除をすることが悪いことではないということを述べてきました。

 

家事は自分のためにすれば、たくさん良いことがあります。ですが、中には完璧を目指して頑張る妻の方もいます。完璧を目指す必要はありません。やりすぎてしまうと自分がつらいだけでなく、家族もつらくなるからです。

 

ゴミ一つ落ちていない部屋、ピカピカに磨いたキッチン。見た目はモデルルームみたいで素晴らしいことですが、でもそこで生活できるでしょうか。

生活するなら水も跳ねるし、ごみも落ちます。料理をすればキッチンも汚れます。子供がいればなおさらです。片づけた後から出てくるおもちゃや本。整理整頓したばかりなのに数分で掃除前の状態に戻ります。せっかくきれいにしたのに~!と、イライラしてしまいませんか。

 

母であり妻であるあなたが、心地よく過ごせる部屋が家族のためなのです。いくらモデルルームみたいな部屋でも、あなたがイライラしていは家族は誰もリラックスできません。お母さんが笑顔でいられる家がみんなの幸せなのです。

 

共働きなら体力的にも時間的にも完璧な家事をこなすことは難しいと割り切らなければなりません。どうしてもできないことは家事代行サービスを使ってみませんか。

 

苦手な分野の家事のみをお願いすることも可能。買い物に行けない人は宅配サービスなども利用できますし、家事代行会社では掃除や料理の代行を行っています。苦手な家事はプロに任せることで、あなた自身もリラックスできるしプレッシャーも減ることでしょう。

 

家事を率先できる夫とは

さて、夫のみなさん。家事には多くの仕事があるということが分かっていただけたかと思います。

 

「料理・洗濯・掃除」と簡単に聞こえますが、家事は一つ一つの細かな膨大な作業を毎日こなさなければならないのです。

 

雑用ばかりじゃないか!と言われそうですが、でも生活する上でやらなければならない作業なのです。

 

例えば会社で、一つのプロジェクトを完成させるために、様々な作業を積み重ねて完成させていきます。

 

その中には細々とした雑用的なこともあるでしょう。しかし、プロジェクトを成功させるためには必要な作業なのです。

 

あなたはプロジェクトリーダーとして、そういった作業をおざなりにできますか?優秀なリーダーであれば、その雑用がチームの成功を導くものであると知っています。そして積極的に雑用を行えるのです。

 

チームを成功に導くために雑用もいとわない上司は信頼を集め、人望があつまります。だから優秀なチームができるのです。

家庭も同様です。一つ一つは小さな作業ですが、夫が率先して手伝うことで家族から尊敬されるでしょう。

 

なぜなら、夫であり父親であるあなたが家族のために働いているのが見えて感じられるからです。

 

家族から尊敬され一家の主として、まずは家事を手伝ってはどうでしょうか。休みの日にテレビの前で寝そべっている父親よりも尊敬されることでしょう。

 

最後に

共働きをしている家庭の家事の分担や、家事の悩みと対応策について考えてきました。

妻は家族のために家事をするのではなく「自分のため」と考え、夫は尊敬されるべきリーダーとして率先して家事を行うことで、共働き夫婦の家事に対する悩みも軽減されるのではないでしょうか。

 

不満ばかり思うよりも自分でできることを行う方が気も楽になりますよ。

関連記事