「薬膳を取り入れごはん」 カジスルーの料理・作りおき 担当:棚橋


本日は薬膳を取り入れごはんを作りました。 少し体調を崩した中で、免疫力上げ身体を労わる事を意識したメニューです。

●きくらげと豚ばら、絹さやの炒めもの

●ホタテと青菜、なつめと生姜を入れたスープ

●雑穀米入りごはん

●自家製無農薬梅干し

●浅漬けいろいろ 本日は薬膳を取り入れごはんを作りました。

IMG_1203

 

 

   IMG_1205

●きくらげと豚ばら、絹さやの炒めもの

きくらげは、こりこりとした食感が特徴の中国食材です。

ビタミンD、鉄分、食物繊維、カルシウムなどを多く含み、 新陳代謝を良くし、免疫力アップ、老化防止と言った理想的な栄養を持っています。

野菜やお肉とも相性は良く、手軽に調理出来るのも魅力です。

 

IMG_1201

*スープ用の昆布水

お酒でさっと昆布の表面を拭くことで、昆布の旨味が引き出されます。

それをお水に漬けておくだけで昆布水の出来上がり。

今回はスープの出汁に使用します 昆布は、体内の不要なもの、特に化学物質や重金属などを排出してくれます。 

 

IMG_1204

●ホタテと青菜、なつめと生姜を入れたスープ

なつめや生姜は薬膳でもよく取り入れられる食材です。

栄養を上げたらきりがないのですが、免疫力、老化防止、活性酸素の除去等これもまた魅力な 食べ物なので、体調がよく無いときは特に積極的に取りたいです。

魚介の旨味もしっかりとでているので、塩のみで味付けしてしまいます。

それだけで十分なあじわいで滋味深いスープの出来上がりです。 

 

 

 

 

関連記事
人気記事