暮らし

残業が多くて料理できないと悩んでいる方に読んでほしい!料理が楽になるテクニック

働きながら家事をこなしている人は、日々の残業が負担に感じることがあると思います。残業で帰りが遅くなると、そこから手の込んだ料理を作るのは一苦労ですよね。健康に良いご飯を家族に食べて欲しいと思っても、うまくいかずにストレスが溜まっていませんか?

 

でも、考え方を少し変えるだけでそんな悩みを解決することができます。残業が多い方でも少しでも料理を楽にできる方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

共働きによる食事の変化

昔に比べて共働きの家庭が増えたことから、最近では食事のとり方に変化がおこっています。

 

夫が働き妻が家事をすることが一般的だった時代では自炊することが当たり前でしたが、夫婦どちらも働きにでている家庭だと毎日料理をすることが難しくなります。

 

そのため、外食をする頻度が昔の家庭よりも増えてきました。最近はお子様ランチや子供連れOKのレストランが多いので、子供がいる家庭でも外食が楽しめるようになっています。私たちにとって、外食がより身近なものに変化していることがわかります。

 

自炊をするメリットは?

少しずつ自炊する頻度は減りつつありますが、自炊にしかないメリットがあります。

 

一番にあげられるのは、自分の好きな味つけで料理を作ることができることです。外食をした時にハズレに当たったことはありませんか?まずくて食べられないとなると、お食事代がとてももったいないですよね。自炊だと自分で味付けをコントロールできたり好きな具材で調理をすることができます。

 

次に、自炊は外食よりも安くつくことが多いです。大きいサイズの食材をまとめ買いして冷凍保存を活用すれば、大きな節約に繋がるでしょう。また、自炊では栄養バランスの良い食事をとることができます。汁物や野菜を多めにしたり、自分のとりたい栄養素を自由に組み込むことができます。

 

そして食材の質にこだわりがある方も多いと思いますが、自炊なら自分で好きな食材を選んで調理することができます。国内産か中国産か、遺伝子組み換えでないかなど、自分のこだわりに合わせて食材を選べることが自炊の大きなメリットです。

 

外食では食事の産地や質がわからないことが多いため、放射能などを気にかけている人にとっては外食が少し不安に感じるかもしれません。

 

外食するメリットは?

自炊のメリットをみて、自炊の方がいいのでは?と思った方もいると思いますが外食にも魅力的なポイントがあります。

 

まず1つ目に、家で作れない料理を楽しめることが挙げられます。小籠包などの中華料理や本格的なイタリアン、お寿司や海鮮丼など家で作るのは難しい料理が、外食すれば簡単に食べることができます。

 

また、料理を作らなくていいという手軽さも外食の魅力です。調理も後片付けもしなくていいので、残業で疲れている人にとって大きなメリットです。

 

そして、夫婦二人で生活している家庭では逆に外食の方が安くなることもあります。自炊しようと思うと食材を一から買い揃える必要がありますし、少量パックを購入することで割高になってしまいます。外食しても自炊しても費用があまり変わらないのなら、料理や片付けの手間がかからない外食の方がいいですよね。

 

食事は家族のふれあいの場

食事は家族が揃って会話できる大切な時間です。

 

働いていたり学校に行っていると、家族が顔を合わせる時間は少なくなるため食事の時間だけでも皆で楽しく過ごしたいものです。ですが、残業やバイトなどで時間帯がどうしても合わない家庭もありますし、個々で食事をとる人が増えてきています。

 

農林水産省も家族で食事をとることの大切さを伝えていますし、毎日ではなくても時間が合うときは家族での食事を楽しみたいですね。

 

食事に対する意識を変えよう

自炊のメリットや家族揃っての食事が大切ということをお話ししましたが、家族揃って食事しよう、自炊を心掛けよう、とあまり気負いすぎると残業が続いてしまった時にしんどくなってしまいます。

 

そのため、食事に対する意識を変えて気楽に料理をしていきましょう。料理が楽になるとっておきのテクニックをお伝えしていきます。

 

料理が楽になるテクニック

日々仕事の残業で疲れているという人も、意識を変えて工夫をすれば料理の負担を減らすことができます。

 

まず、外食する日を定期的に作ってみましょう。外食にもたくさんのメリットがあります。料理、片付けをしなくていい日があるだけで精神的にも大きな助けになります。

 

また、外食に行かなくてもスーパーのお惣菜やお弁当を買ってくることで大きく手間を省くことができます。面倒な天ぷらや焼き魚は出来あがっているものを購入しましょう。

 

そして、料理をする日は下準備の手間を省くためにも、下味のついたお肉や使いたい用途に合わせてカットされた野菜などをスーパーで選びます。そうすることで、野菜を切る手間や茹でる手間が省けるため料理にかける時間が短くなります。

 

外食や惣菜に頼るのも手ですが、最近人気なのは料理代行サービスです。料理代行サービスを利用すれば留守中でもスタッフさんに料理してもらうことが可能なので、残業から帰ってきたら美味しいご飯が出来上がっています。料理だけでなく買い物から後片付けまでお願いすることもできるため非常に便利です。

 

また、作り置きおかずを作ってもらえば一度の依頼で数日分の食事を用意してもらうことができるため、週1の利用でも料理の負担が軽減されます。また、料理代行サービスを利用すれば、自炊のメリットである栄養バランスのとれた美味しい食事をとれることも魅力です。

 

まとめ

残業が多くて料理に手が回らないとお悩みの方は、ぜひ料理が楽になるテクニックを活用してみてくださいね。

 

外食を上手に利用したり、料理代行サービスにお任せすることで料理に対するストレスをなくすことができます。料理にかける手間が省けることで気持ちにゆとりができ、家族との時間を作ることもできますよ。

 

料理の負担を少しでも減らして毎日を快適に過ごしましょう。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録