暮らし

トイレの壁のニオイや汚れ、あなたのお家は大丈夫ですか?

トイレの効果的な掃除方法についてまとめてみました。

トイレ掃除と言えば、いつも使っている便座や便器をイメージする人がほとんどです。

 

しかし、本当にトイレ掃除で留意すべき場所はなんと「トイレ壁」なのです。壁は目に留まるような汚れは少なくても、実は蓄積された汚れによって匂いを発する迄に至る事もあるのです。

 

しかも、それらは、いつもの水洗いでは落ちない状態に陥りやすいのです。

 

毎日の生活の中で、思わず見落とし易いトイレ壁がどうして汚れるのかについて説明します。

 

トイレは家族全員が毎日、複数回使用する場所です。その度に、水を流す必要があり湿度が高まります。そこにトイレットペーパーなどの埃が舞い壁に蓄積される仕組みができてしまうのです。

 

ご存知の通り、便器や便座は尿ハネなどの汚れが付きやすいですし手洗いの水滴も知らない内に増えていきます。便座の蓋を閉めずに水を流すと見えないサイズの水滴が飛び散っている事は、あまり知られていません。他にも床と壁の接する部分や、ドアの隙間ら溝に埃はドンドン溜まります。そして水分と合体し厄介な取りにくい汚れとなるのです。

 

こうなる前に、使い古しの歯ブラシで埃をとったり、ペーパータオルで水気を拭き取ったり、掃除機で埃を吸い取る事が大切です。

 

これらの中で注意してほしい事は、トイレのアンモニア臭の元となる拭き掃除です。掃除をしたつもりでも殺菌しきれていないことが多く、時間が経つと鼻につくようなイヤなニオイを発する様になったり壁全体が悪臭を吸収し、においが落ちないトイレになってしまうのです。

 

臭いが気になるトイレ掃除にはクエン酸と重曹が効果的です。準備するものは水 200ミリリットルに小さじ1杯のクエン酸を加えたもの。そしてぬるま湯200ミリリットルに大さじ1杯の重曹を加えたもの。これでそれぞれクエン酸スプレーと重曹スプレーの出来上がりです。

 

最初に、消臭効果のある重曹スプレーを雑巾やペーパータオルに噴きつけ壁を拭きましょう。重曹は手垢の汚れにも有効です。ドアノブやトイレットペーパーホルダーも拭き取りましょう。

 

その後にクエン酸スプレーを使って除菌をします。先ほどと同じように壁を雑巾やペーパータオルで拭きましょう。除菌をする事で汚れを防ぐ事にもなりますので大事なポイントです。

 

この時に注意すべき事は、トイレの壁の素材です。もしかしたら重曹に弱く変色などを来す素材もありますので使い始めは隅の方で、重曹の反応を試しましょう。場合によっては、ぬるま湯の量を増やして重曹の濃度を薄めたり、クエン酸のみを使うなどして拭いて見ることをお勧めします。

季節によっては、特に匂いが気になったり、来客がある時などは除菌&消臭効果のある洗剤を使ってみてください。水溶性のミョウバンはクエン酸と同じ様に、アルカリ性を分解し、さらに消臭効果もあるのです。

 

壁から、滲み出る様な嫌な臭いは、原因がアンモニアだということはよく知られています。それは軽い気体で、天井付近に溜まりやすいと言われています。よって、できる限り窓を開け放したり換気扇を回したりして、嫌な臭いを追い出しましょう。消臭スプレーも、上方向にもシュッと一吹きすると臭いがすぐに消えるでしょう。

 

補足ですが、便のニオイは空気に比べると重いために足元に溜まっていて対照的です。同時に布製のペーパーホルダーや布製の便座カバーなどにも、臭いが吸収されている可能性が高いですので洗濯をしてください。

 

もっと簡単に綺麗にしたいなら

口の広くなっている空き瓶や紙コップなどに重曹を入れて(粉状態のまま)、トイレ内に置くだけで湿気の吸収と消臭効果を発揮し、汚れを溜めないようにしてくれます。

 

トイレ壁の黄ばみ掃除方法

トイレ壁の汚れも初期段階ならば、大抵は住居用洗剤できれい落とせるでしょう。しかし黄ばんだ状態の汚れは落ちにくいです。

 

この様な場合は重曹ではなく、高アルカリ性のアルカリウォッシュなどというセスキ炭酸ソーダを使った洗剤を使いましょう。(アルカリ性洗剤なので、くれぐれも肌につかないよう注意して手袋の使用をお勧めします。)これらは、黄ばみの元になっているタンパク質を分解するので、即、汚れを落としてくれます。

 

さらに、キッチンペーパーやラップで短時間パック状態に放置し汚れが取れやすい状態にしてから拭き取ると、簡単に汚れが落ちます。

 

もし、トイレの壁紙が凸凹で、特に入り込んだ部分の汚れが気になる場合は、メラミン製のスポンジで軽く擦るといいでしょう。しかしクロス素材によっては傷つきやすいものがあるので、目立たない所で試してみるといいでしょう。

 

これでも黄ばみ汚れが落ちない時は、塩素系の漂白剤を薄めたものを使いましょう。使用中は換気扇を回して他の洗剤と混ぜない様にし、衣服が色落ちしない様に注意しましょう。最後には漂白成分が残らないよう水拭きをし、乾拭きをして仕上げましょう。

 

以上の様な方法でトイレがキレイで気持ちよい場所になったら、いかにしてこの状態を保つかということに、力を注ぎましょう。トイレは、毎日使う場所なので、使う度にこまめに掃除をすることを習慣化することで、臭いや汚れがこびり付く前に、簡単に取り除くことが可能です。

 

例えば、流せるタイプのお掃除除菌シートやペーパーにスプレーして使用するトイレ洗剤を使う事も可能です。汚れが見えない時でも、さっと一拭きしておくと、その後のトイレ掃除が随分と楽になります。

 

また、事前に、市販の汚れ防止用シートを、腰下あたり部分まで貼っておくのも一つの方法です。汚れが気になったらすぐに拭き取って、臭いが壁へしみこむ事を防いでくれます。100均の壁用マスキングテープで代用が可能なので張り替えが自由自在です。

 

ちょっとしたイメチェンやインテリアを楽しむ事ができ、毎回の掃除も意欲が出てキレイな状態もキープできるので一石二鳥です。

 

まとめ

家族みんなが毎日、必ず複数回使用するトイレは、効果的な掃除方法や工夫を実践して、いつでも誰もが気持ちよく使える状態にしておきたいものです。クエン酸や重曹を使って、掃除をしても取れない様な蓄積された汚れは、無理な刺激で壁紙を傷メル心配があります。

 

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録