暮らし

浴室の厄介なカビ落とし掃除。あなたのその掃除の仕方は間違っていませんか?

浴室にできてしまった厄介な黒カビ。市販のカビ専用洗剤を使っても取れなくて、諦めている方が多いのです。今回は、浴室のカビ取り掃除の基本的なポインとから意外なテクニックまで全て、お伝えいたします。

 

掃除を始める前の留意点、安全使用

浴室におけるカビ専用洗剤は、塩素系が多いです。使用の際は、他の洗剤と混ざって人体に有害なガス発生を防ぐ為に他の洗剤と混ぜないよう留意しましょう。

 

他にも安全のために換気を十分に行いながら、マスクやメガネやゴム手袋着用する事が有効です。そして、スプレーが人体にかからないように目の高さよりも上方にスプレーすることは絶対に避けましょう。

 

さらに、スプレー噴射時に液ダレをしないよう、十分な力で押すようにしましょう。

 

基本 その1 他の汚れ

カビを発見すると、即、カビ専用の洗剤を使いたくなります。しかし、その前に必要な事があるのです。まずは、浴室用の洗剤を使ってカビ以外の、皮脂汚れや石鹸屋シャンプーのカスによる汚れを取り去りましょう。

 

基本 その2 乾燥&直接

浴室用洗剤を使ってもしつこく残っている汚れがカビなのです。そのカビが乾燥状態であることを確認したら、カビ取り洗剤を水で薄めることなく、直接、カビ汚れに密着させるように吹き付けましょう。

 

基本 その3 待ち時間

綺麗にしたいカビ周辺から約15cm離して、「カビ取り専用洗剤」を、直接スプレーしましょう。ここで気をつけたいのが、すぐに擦ることです。すぐに擦らずに、数分、放置して洗剤が中まで浸透するのを待ちましょう。そうする事で菌糸が奥まで入ってしまって落としにくくなることを防ぐ事が大切です。

 

基本 その4 カビパック

特に取れにくくなっている厄介なカビにはカビパックをお勧めします。カビ取り洗剤をスプレー後、その上にラップやキッチンペーパーを巻いて待つことです。こうする事で液ダレも防げるので垂直な壁面などでも活用できます。

 

また、強力にこびり付いている黒カビは空気を餌としますので、カビパックの状態で半日ほど放置し、そのあとにシャワーで洗い流すと効果的です。

 

基本 その5 カビの予防策

せっかく綺麗に除去したカビが、その後、すぐに再生しないように、湿気が残りやすい場所を確認しましょう。もし、浴室に乾燥機や暖房機が設置されている場合は、換気ではなくて乾燥運転を使いましょう。

 

換気は、空気の循環だけですが乾燥は浴室内を乾燥状態にしてヌメヌメやカビの発生を防いでくれるからです。夜に洗濯をして浴室内に干し、乾燥スイッチをオンにする事で、洗濯物も乾くし浴室掃除も楽になり一石二鳥効果が味わう事ができます。

 

最後に

以上で述べたテクニックは決して特別な事ではなく、今までの作業の中で、少し視点を変えたり、ポイントに気をつけたりするだけで、今までのカビ取り掃除の苦労が嘘のように、楽に綺麗になる事でしょう。

 

そして何よりも肝心なのは、毎日の浴室の乾燥であること、カビの好まない状況を保ち続ける事を心がけましょう。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録