暮らし

窓のサッシ掃除やしつこいカビとり。あなたのお家はどうしていますか?

特別なものは要りません!
大掃除に向けて、窓だけでなくサッシ部分やゴムパッキンなどのしつこい黒カビを簡単に落とす方法を伝授します。

 

暖房器具を使用して、室内と室外の温度差が大きくなる季節や雨が何日も続いた後には、窓のサッシにこびり付いている黒い埃汚れが憂鬱になる主婦の方、多いです。他にも窓のゴムパッキンの隙間や窓ガラスの隅のいつの間にかできてしまった厄介なカビの掃除なども、気持ちが悪くて、なかなか手をつける気になれないというのが本音だと思います。

 

できれば、晴天の気持ちがいい日に、さっと終わらせたいと思うのに、窓ガラスの掃除だけでも重労働でカビ対策まで行き着かず、気になりながらもさらに悪化させてしまうなどで悪循環に陥ってしまうのです。

 

そんなあなたに、身近なものを使って簡単に窓ガラスや窓サッシの汚れを落とす方法として、まずは雑巾を数枚用意して頂きたいと思います。
一般的には、店頭に並んでいる専用洗剤が最初に頭に浮かぶと思いますが、窓についている基本的なカビは、水拭きだけで取り去る事ができるのです。

 

窓ガラス掃除のポイント 

準備物:乾いた雑巾と濡れ雑巾

①濡れた雑巾を使ってガラスの表面を水拭きしましょう。

②水分が乾かないうちに乾いた雑巾で拭いて仕上げましょう。

※この時、両手を使って両方の雑巾を交互に使える状態にしておくと効率よく進める事ができます。

 

さらに、繊維がガラスに残る事がないマイクロファイバーなどの雑巾があれば仕上がりが綺麗です。

 

もし、窓ガラスの汚れが落ちにくい時には、雨水とは異なる性質の汚れが混ざっていると考えられますので、住宅専用の中性スプレー洗剤を使ってガラスになじませてから濡れ雑巾で拭き取ることをお勧めします。

 

窓のレールやサッシの黒い汚れやカビ取り対策

窓のサッシのどろっとした黒い汚れはカビと水分が混ざったものです。よって最初に汚れ部分を重点的に取り去った後に雑巾で拭きとると驚くほど簡単に綺麗になります。

 

準備物:雑巾、新聞紙、使用済み歯ブラシや綿棒または、つまようじ(あれば、ドライバーやハンディータイプの掃除機)

 

①掃除をする窓の下に新聞紙を敷いて削ぎ落とした汚れが広がらないように準備してください。(ハンディータイプの掃除機がある場合は、作業をしながら汚れカス吸い取ることをお勧めします。)

 

②窓のレールやサッシに泥やほこりが残っている場合は、先の細かい爪楊枝や綿棒や、ドライバーの先に布をつけたものを使ってこそぎ落としましょう。

 

③ほこりを取った後に濡れ雑巾で水拭きをするだけです。
※もし窓サッシ専用ノズル付きの掃除機があれば洗い流すだけで雑巾掛けの手間が省けます。お試しください。い流すといいでしょう。

 

窓ガラスとゴムパッキンの隙間の黒カビ除去方法

掃除機や雑巾で、うまく掃除しきれないのがゴムパッキンやその隙間の黒カビです。
特にお困りの声が多いのが白ゴムパッキンの黒カビよごれです。ぜひ以下の方法をお試しください。

 

準備物:塩素系の漂白剤、キッチンペーパー、サランラップ、ボロ布、雑巾

 

①他のところに漂白洗剤がつかないように白ゴムパッキン部以外を布で覆いましょう。

 

②台所用塩素系の漂白剤をキッチンペーパーに浸透させましょう。

 

③浸透させたペーパーを汚れたパッキンに密着させた状態でしばらく待ってください。

 

④カビが落ちた様子を確かめてからペーパーを外して濡れ雑巾で水拭きをすると出来上がりです。
※もしまだカビ汚れが十分に落ちていないような時はラップを被せて放置すると綺麗になります。

 

結露を、どうにかしたいとお考えのあなたへ

窓に生じるカビを防ぐには正しい結露対策が必至です。窓以外にも結露は、お風呂場や洗濯機の設置場所、トイレ、エアコン、北に面する窓、洗面所などでできやすいです。これらを意識的に、日常的に拭き掃除をする事で、汚れ具合が大きく異なることを実感できるでしょう。

 

結露予防に湿度を下げるための日々の心がけ

 

○晴れの日の空気の入れ替え時に湿気がこもりやすい、靴箱、クローゼット、トイレ、押入れなどに意識しましょう。

 

○料理や入浴時などには換気扇を忘れない。

 

○洗濯物の部屋干し時の除湿機使用

 

蒸気を使った新しいクリーナーについて

最近、話題のスチームクリーナーは、薬剤の使用を控える事ができるので小さなお子さんや高齢者の方がいるご家庭に大人気です。 機能も値段も様々ですが、賢いママの掃除グッズとして購入を考えられている場合は140度前後まで温度が挙げられるボイラー式をお勧めします。(パネル式のスチーマーは90度前後までの使用となり、かえってカビを繁殖させてしまう可能性があるからです。)

 

最後に

誰もが苦労をしているカビ取り掃除は、終わりなき戦いともいわれています。しかし正しい知識と日々の心がけで、大掃除時の家中のカビ汚れ掃除の苦労を減らす事が可能です。新たな便利グッズなども調べ取り入れる事で少しでも作業に対する労力を減らすことをお勧めします。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録