暮らし

誰でも簡単に家事を効率化できる重要ポイントは?それは「考え方を変えること」です!

家事がとても苦手な方はたくさんいると思います。毎日、仕事と家事の両立に悩み、つらくて泣いたことがある方も少なくはないでしょう。

 

家事も仕事と同じように作業であるため、効率を考えて取り組むことで無駄を大きく減らすことができます。ビジネスでは、生産性を重視したり回転をよくするために様々な工夫がなされています。ビジネスを家事に置き換え、するべきこととしなくていいことを明確にして、効率化することを意識していきましょう。

 

家事の効率化は、発想の転換が大事!

無理をしないことがコツ

家事の便利グッズはたくさん販売されているためそれらを利用するのも手ですが、なによりも短時間で楽をして家事を終わらせることを意識しましょう。家族のために行う家事ですが、自分がしんどくなってしまっては家族にとっても良くありません。家族皆の幸せのためにも、自分が無理しないことが大切です。

 

例えば、

 

・おかずを何品も作るのは大変 ですので、 具だくさんの汁物とおかず1品だけ作りましょう!
それで十分栄養バランスがとれるのでOKとしましょう!

 

・毎日洗濯するのは大変ですので、着るものが間に合う程度にストックを増やして洗濯の回数を減らしましょう!

 

・ピカピカになるまで掃除するのではなく、ストレスを感じない程度に留めましょう。多少の汚れは気にしない気持ちが大事です!

 

自分自身の状況にあわせて、家事のレベルを調整してみることが大切です。

家事が負担に感じている方は、きっとどこかで頑張りすぎています。無理をしない家事を行うために少しずつ考え方を変えていきましょう。

 

しなくていいことを決めよう

家事を楽にするためにはどのような方法があるのでしょうか?やはりやり方を変えてみるのがいいのでは、と考える人が多いようです。ですが、やり方を変えるのではなくそもそも「しなくていいことはしない」と割り切ることが一番の近道です。

 

毎日当たり前のようにしている家事の中に、しなくてもいいことがないか一度考えてみてください。思い返してみるとしなくていいことがきっといくつか見つかるはずです。

 

例えば、

 

・洗濯物は畳まない

 

下着やパジャマは乾いて取り込んだ後には着ることが殆どですし、多少のシワが出来ても問題ありません。畳むのをやめて、くるっと丸めてカゴにポイして終了です!

 

・副菜を作らない

 

何品も並ぶ食卓のような、インスタ映えは気にしないようにしましょう。
野菜炒めとほうれん草のお浸しの2品を作るところを、ほうれん草を野菜炒めに入れてしまい、野菜の量は変えずにメイン1品になるようにしましょう。

 

それでしたら家族の誰からも文句は言われませんし、それどころか早く食べ終えられて逆に喜んでくれるかもしれません。

 

このように時間を少しでもなくすことができれば、それだけで家事の時間を短くすることができます。

 

主婦の方はどうしても「家事はやらなければならないもの」「家事はこうやるべきもの」といった思い込みが多少なりともあるかと思いますが、家事対する自分の常識を疑って「その家事が自分にとって必要かどうか」を選別することが大事です。

 

掃除を日常生活に組み込む

毎日朝は掃除の時間、週末にまとめて大掃除、など掃除のための時間をとるのは大変ですし、もったいなく感じてしまいます。また、予定が入って掃除できないとなると汚れはどんどん溜まっていきます。

 

そんなことにならないためにも、掃除を日常生活に組み込みましょう。いつもの自分の生活パターンに簡単な掃除をプラスすれば、わざわざ掃除の時間を取らなくても部屋を綺麗に保つことができます。

 

例えば、

 

・洗面所で顔を洗ったあと、洗面台においてあるスポンジで洗面台の周りをサッと掃除する

 

・顔を拭いたタオルで洗面台と鏡と蛇口をサッと拭く

 

このようにわざわざ掃除時間を取らなくても、「顔を洗う時間=掃除時間」になります。このように、家全体をサッと掃除してしまうことも少しの工夫で出来るようになります。

 

気持ちの切り替え方

掃除が苦手という人は、掃除に取り掛かるまで時間がかかるのではないでしょうか?しなくてはいけないと思いながら、「ちょっと休憩してから」「明日でもいいかな」と先延ばしにすることもあると思います。排水溝の汚れや玄関周りの掃除と聞くと、面倒に感じるかもしれません。

 

そんな家事でも後回しにせずすぐに行動できる人は、気持ちの切り替え方を知っているからであり、これは誰でもすぐに使える簡単な方法です。

 

家事にすぐ取り掛かれないと悩んでいる方は、家事にかかる時間を知ることから始めましょう。思っていたより短い時間で家事ができることに驚くのではないでしょうか?

 

例えば、

 

・排水溝の掃除って1分もかけてますか?

 

・コンロの掃除って1分もかけてますか?

 

・玄関の靴を整理するに1分もかけてますか?

 

よくよく考えてみると、頭のなかで思い描いているときは「時間もかかるし、面倒だなぁ」と感じていた家事が、「えっ、たったこれだけ?合計3分じゃん!」と思えてくるのです。

 

このように家事を具体的に時間を計測しておくことで「やりたくない」と思っても、「でも、たった3分だよね」と思いなおすことができます。

 

 

まとめ

いかがでしたか?家事が好きではない、中々行動できないと悩んでいる方は、ぜひ家事に対する「考え方を変えること」を意識してみてください。

 

しんどいと思っていた家事が、みるみる簡単で楽なものに変わっていくはずです。無理せず短時間で家事を済ませて、毎日笑顔で過ごしたいですね。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録